入居者

入居者 · 25日 1月 2022
入居者発表交流会が開催されました
当イノベーションセンターのインキュベーションルームに入居する事業者の皆さんが、それぞれの持つスキルと事業のポイントについてプレゼンテーションを行い、また質問やアドバイスをしあうという発表交流会がセンターのコワーキングスペースを会場に開催されました。
入居者 · 27日 10月 2021
『奥能登国際芸術祭2020+』
石川県能登半島の先端・珠洲市全域を会場に、地域の歴史や文化とアートの融合を目指す『奥能登国際芸術祭』。新型コロナの影響で開催が一年延期されていましたが、9月に入ってようやく公開が始まりました。
入居者 · 22日 9月 2021
加賀商工会議所機電工業部会DX研修会で当センターを紹介
加賀商工会議所機電工業部会でDX研修会が開催され、当イノベーションセンター事業コーディネーターを務める平野が第1部の講師を担当。 当センター・インキュベーションルームに入居している起業家の皆さんの事業について紹介させていただきました。
入居者 · 07日 8月 2021
小学校でのプログラミング教室の記事が掲載されました
加賀市の小学校で開催されたプログラミング教室の記事が北國新聞に掲載されました。当日の講師は当センター・インキュベーションルームに入居している㈱インテトラスが務めました。
入居者 · 01日 8月 2021
服部神社(山代温泉)のライトアップにMYTHARTSの作品が活躍
夏の山代温泉を彩る服部神社のライトアップが7月末から始まっています。そのライトアップを手掛けているのが、イノベーションセンターに入居している合同会社MYTHARTS。 その代表である大橋定行さんから、メッセージをいただきましたのでご紹介します。
入居者 · 10日 4月 2021
Kaga-bit-Driveが『電子工作マガジン』に掲載されました
株式会社インテトラスが企画販売を担当し、当センターのインキュベーションルームに入居している合同会社テクノアルタエンジンと六畳電子設計が協力して商品化された「Kaga-bit-Drive」が『電子工作マガジン』2021年春号に掲載されました。
入居者 · 17日 2月 2021
大聖寺の街並みを空撮しました
当インキュベーションルーム入居者の㈱インテトラスが、まちづくり団体「歴まちセンター大聖寺」の依頼を受け、大聖寺の歴史的な街並みをドローンを使って空撮。北國新聞で紹介されました。 また代表取締役の中さんから、 下記のメッセージをいただきましたのでご紹介します
入居者 · 07日 12月 2020
加賀白山ロータリークラブは創立25周年記念事業として、加賀市にロボレーブ用ロボット70台を寄贈してくださいました。 ところでこのロボレーブ用ロボットは、当センターインキュベーションルームに入居している株式会社インテトラスが、同じく入居企業である合同会社テクノアルタエンジン、六畳電子設計の協力を得て開発した製品で、それが今回の記念事業の寄贈品として採択され、加賀市内のすべての小中学校に配布されるとのこと。 インテトラス代表取締役の中さんは、「小学校や中学校のプログラミング授業やロボレーブのクラブで活用してもらえればうれしい。今後は全国に向けて販路を広げていきたい」と意気込んでおられます。加賀市発のイノベーションの一つの形として、ぜひ全国に向けて情報を発信していただきたいですね。
入居者 · 01日 8月 2020
加賀市では、新型コロナでストレスが高まっている市民のリフレッシュと、さらに宿泊業への経済的支援という目的で、加賀市民限定の宿泊割引キャンペーン「応援リフレッシュ割」を実施することになりました。 この予約状況を管理するシステムの開発を受託したのが、当イノベーションセンターの入居者である(株)インテトラス。この厳しい状況をIT、IoTの力を活用して乗り切ることが求められている現在、インテトラスをはじめ、当センター・インキュベーションルームに入居している起業者の皆さんの活躍が期待されますね!
入居者 · 27日 7月 2020
学校教育課程におけるプログラミング教育の必修化が決定し、小学校では今年度から授業への導入が始まりました。さらに中学校では2021年度、高等学校でも2022年度から実施される予定です。 こうした中、加賀市内にある県立大聖寺高校でも2年生の「総合的な探究の時間」を使ってプログラミング教育が実施されることになり、当センターの入居者である㈱インテトラスが依頼を受け、その時間の講師を務めることにになりました。

さらに表示する